一般社団法人 日本国際医療協力センター

提携病院Hospital

伊藤病院

昭和12年の創業時より、ひたすらに甲状腺疾患に対する診療活動に従事している。以前より、伊藤病院は専門病院として、外にいらっしゃる患者様に対しても、紙媒体やビデオなどを使い甲状腺疾患に関わる啓蒙活動を行ってきた。その後、内容のリニューアルを重ねつつ、現在は、世界中に暮らす患者様を対象に、英語、中国語、韓国語、ロシア語でも正確な医療情報を発信している。「甲状腺を病む方々のために」の理念のもと、よりよい医療を患者様へご提供するため、常に新しい医療技術・医療機器の導入に取り組んでいる。

専門分野

甲状腺疾患

治療特色

伊藤病院は昭和12年の創業時より、ひたすらに甲状腺疾患に対する診療活動に従事しております。当然、その間における医学・医療の進歩は著しく、私共も該当する専門診療を発展させてまいりました。

以前より、伊藤病院は専門病院として、外にいらっしゃる患者様に対しても、紙媒体やビデオなどを使い甲状腺疾患に関わる啓蒙活動を行ってまいりました。そして情報工学の進歩に着目し、いち早くインターネットにたどり着きました。伊藤病院のホームページに対する取り組みは、他産業と比べても早く、18年前に開始いたしました。
その後、内容のリニューアルを重ねつつ、現在は、世界中に暮らす患者様を対象に、英語、中国語、韓国語、ロシア語でも正確な医療情報を発信しております。

伊藤病院は「甲状腺を病む方々のために」の理念のもと、よりよい医療を患者様へご提供するため、常に新しい医療技術・医療機器の導入に取り組んでいます。

治療実績

■外来・入院患者数の推移

1

2

■初診・紹介患者数の推移

3

4

主な治療件数

5

院内名医

伊藤 公一

医学博士、伊藤病院院長。1985年北里大学医学部卒業、東京女子医科大学内分泌外科学教室に入局。1987年5月より平塚胃腸病院にて1年間勤務。1990年10月より東京大学医科学研究所細胞遺伝部にて1年8ヶ月間国内留学。1992年7月より米国シカゴ大学内分泌外科にて2年間留学。1994年7月より東京女子医科大学内分泌外科学教室にて助手として勤務。1995年1月に伊藤病院に着任。東京女子医科大学内分泌外科学教師非常勤講師を兼任。1998年1月より伊藤病院院長に就任。2002年4月より筑波大学大学院外科学教室非常勤講師に就任。2005年4月より日本医科大学外科学教室客員教授に就任。2008年4月に学校法人了徳寺大学健康科学客員教授に就任。