一般社団法人 日本国際医療協力センター

提携病院Hospital

岩垂純一クリニック

岩垂純一診療所では入院が必要な重症の痔でも、高度の医療技術により痛みの少ない日帰り手術で治すことが可能。理想的な痔や肛門病の治療の実現を目指して東京銀座に開設された、肛門科の個人診療所。 社会保険中央病院時代には年間2,000例以上の肛門手術を執刀、外来診察は1日150〜200名を数える。退職後は理想的な肛門の診察と治療の実現を目指し、自身の診療所を銀座に開設。

専門分野

痔、裂肛等の大腸及び肛門疾患

治療特色

社会保険中央病院時代には年間2,000例以上の肛門手術を執刀、外来診察は1日150〜200名を数える。退職後は理想的な肛門の診察と治療の実現を目指し、自身の診療所を銀座に開設。

岩垂純一診療所では入院が必要な重症の痔でも、高度の医療技術により痛みの少ない日帰り手術で治すことが可能です。理想的な痔や肛門病の治療の実現を目指して東京銀座に開設された、肛門科の個人診療所です。

院内名医

岩垂 純一

医学博士、岩垂 純一診療所所長。1973年に群馬大学医学部を卒業。1978年3月より社会保険中央総合病院大腸肛門病センターにて勤務し、医員、医長、部長を歴任。1996年4月に社会保険中央総合病院副院長に就任。1998年4月に社会保険中央総合病院大腸肛門病センター長に就任。年間2,000例以上の肛門手術を執刀、外来診察は1日150〜200名を数える。2006年6月、理想的な肛門の診察と治療の実現を目指し、岩垂純一診療所を開設。